勉強スタイルと方法について

勉強方法の特徴を公開

全ての方が同じ勉強スタイルでは無く、いくつもの中から自分にあったスタイルを決めて行きます。
まず独学は古典的な方法であり、時間があればいつでも出来る勉強方法です。自分が良いと思った参考書やスタイルに変えていけるのが特徴で、集中力が続く方に向いています。この方法はコストがかからず、且つ時間帯も気にせずに行えます。
続いてはスクールに通うスタイルです。独学よりもコストはかかりますが、講師がわかりやすく教えてくれますし合格率の高いスクールだと、自分では考え付かない様なカリキュラムで勉強が出来ます。
オンライン講座はネット環境があればいつでも勉強が出来る、独学とスクールの間を取ったスタイルです。過去の講座も受けられるので、社会人や時間が不規則な方におすすめです。

過去問は本当に重要なのか?

資格勉強と言えば参考書だけでは無く、過去問集を使って勉強するのが一般的です。参考書は自分に新しい知識を入れて行く為に使いますが、過去問集はどの様な役割があるのでしょうか?
まず過去問を解く事で試験の範囲やクセを見抜く事が出来ます。また間違えた箇所は解説があるので、熟読すれば同じ過ちは繰り返しません。参考書は知識をインプット出来ますが、過去問はアウトプットなのでどの様に表現すれば良いのかを導いてくれます。
但し過去問集であれば何でも良い訳ではなく、あまりにも昔の問題集は改正などもあるので意味がありません。出来れば5~10年分を用意して、中盤から後半にかけて過去問を中心に資格勉強をしていくのがおすすめです。


絶対合格!資格取得に向けて効率的な勉強方法!

この記事をシェアする